平成27年に厄年となる方へ

Top | お知らせ | 平成27年に厄年となる方へ
2014.12.27

平成27年に厄年となる方へ

Pocket

こんにちは、

年の瀬も押しせまって来ました。

もし、あなたが、平成27年に厄年をお迎えになるのであれば、

年頭に、

厄除けのご祈祷

をお受けになることをお勧めします。

平成27年が、厄年となる方は、次のとおりとなります。

男性

H27厄年表(男性)

女性

H27厄年表(女性)

厄年の年齢は、一生の中でも

  • 体力的、
  • 家庭環境的、
  • 対社会的

にそれぞれ転機を迎える時でもあります。

特に、男性は、42歳、女性は、33歳が大厄と言われます。

厄年の時は、災厄が起こりやすい時期として受け留められ、忌み慎むことが大事であるとされています。

 

人生の大事な転機の時に、災いに見舞われたならば、大変です。

 

私たちは、神さまのお守りとお導きのもとに無事暮らしているわけですが、

年頭に神さまに

「今年が厄年にあたること。」

を告げ、そして、お祓いを受け

「大過なく暮らせますように。そして、与えられた役目を無事に務め果(おお)せますように。」

と祈ります。

 

お祓いが大事なのです。

 

また、厄年は、

「役年」

でもあります。

 

厄年を迎えるということは、地域社会において一定の地位となることを意味し、宮座への加入や神輿担ぎなど、神事に多くかかわることになります。

このため心身を清浄に保ち、言動を慎む物忌に服する必要があります。

最近では、災厄の方ばかりに意識が向く、強調されるきらいがありますが、厄年の「厄」は、神さまにお仕えする神役の「役」であると言われるのも、このような理由からです。

 

なお、後厄の年も無事に過ぎ、新年を迎えられる方は、

「御礼感謝」

と、奉告されることが大事です。

 

ご参拝、お申し込みをお待ちしています。

お申し込み書のダウンロードはこちらから

Pocket