fbpx

12月12日に一気に焚きあげます!―火祥大祈願祭

Top | お知らせ | 12月12日に一気に焚きあげます!―火祥大祈願祭
2019.11.30

12月12日に一気に焚きあげます!―火祥大祈願祭

Pocket




12月12日という日

この日は、身曾岐神社の創立記念の日です。

身曾岐神社の前身にあたる井上神社の創建が、明治12年12月12日であることにちなんでいます。

なんと「12」という数字が三つも重なるところから、毎月12日を神社のご縁日と定めました。

毎月12日は、午前10時より、本殿前拝殿において、月例祭を奉仕しています。

また、毎月2のつく日、すなわち、2日、12日、22日の午後2時からは、火祥殿において、神道靈寶火祥加持(火祥神事)を執り行っています。

神は火水(かみ)なり

この言葉、

「神は火水なり」

は、神社での修行座で紹介しています。

また、団体参拝での案内においても、火祥殿の前での案内で、時折紹介し説明しています。

わかったようでわからない、この言葉は、何を意味しているのだろうかと。

神さまは、火と水だ と昔の人は、伝えたわけですが、火は、代表は、何と言っても、お日さまです。すなわち、天。
水は、あらゆる生命の源とも言われますが、大地を意味します。

ヒトを始めこの世のあらゆる生きとし生ける生命は、火と水、すなわち、天と地の豊かな恵みを戴いて、そのむすびの中に生かされて生きています。

したがって、そのおかげさまを忘れているようでは、今は良くても、末は危うくなります。

身曾岐神社では、火祥殿においては、火そのものを祀り、また、水祥殿では、水そのものを祀り、天と地のお徳に日夜感謝申し上げている次第です。

火は、お日さまの光をむすんで

火祥殿、中をのぞいていただくと、正面中央の御鏡の前に火が点っているのが見えます。

その火は、マッチを擦って点けたり、ライターを使って点けたりしたものではありません。

オリンピックの聖火よろしく、太陽の光をむすんで戴いた火です。

※オリンピックの聖火は、凹面鏡を利用して、ギリシャのオリンピア遺跡で採火されます。

火祥殿の火の採火は、毎年立春の早朝(午前8時頃)に拝殿前において執り行っています。

太陽の光をむすんで戴いたこの火で、火祥神事は行われます。

午後2時より

火祥大祈願祭は、12月12日の午後2時、齋行となります。時間は、およそ40分。




よろしくご参集ください。

 

お問い合わせ・参列申込み

お問い合わせ、また、参列のお申込みは、お電話で。

電話番号:0551-36-3000
受付時間:午前9時~午後5時

また、メールによるお問い合わせは、次のページからどうぞ。お問い合わせ窓口(ウェブ)

Pocket