八ヶ岳薪能|今年の演目演者決まりました!

Top | お知らせ | 八ヶ岳薪能|今年の演目演者決まりました!
2020.01.06

八ヶ岳薪能|今年の演目演者決まりました!

Pocket

令和2年能舞台公演

令和2年は、西暦で言えば、2020年。皇紀2680年。ある意味で切りがいい。

毎年恒例の八ヶ岳薪能は、第30回を迎えます。

能楽は、シテ方五流と言って、五つの家元があります。

今年は、その中の宝生流の宗家がみえます。

八ヶ岳薪能の仕立て

八ヶ岳薪能は、能二番、狂言一番という仕立てです。

また、例大祭の宵宮のご神事ですので、ただお能をするということではなく、

・舞台の祓い清め式

を執り行って後、

・解説

があって、

・演能

となります。

途中、夕闇がせまる頃

・かがり火点火

の式を行います。

令和2年 第30回の演目・演者

※敬称略

「黒塚 白頭」 宝生和英
(くろづか しろがしら)

「草薙」 辰巳万次郎
(くさなぎ)

狂言
「水掛聟」 野村万蔵
(みずかけむこ)

どうぞお楽しみに。

Pocket

あわせて読みたい記事