夏越の大祓

夏越の大祓は、身曾岐神社では、水の大祓として伝えられています。

当日は、まず、瑞松宮息吹殿で大祓の式をおこない、息吹(いぶき)祓いの作法でもって形代(かたしろ)に穢れを託します。
そして、葦船(あしぶね)に穢れを託した形代(人形)を乗せ、水祥殿まで持ち運びます。
途中、神域では、古くから病気を免れるという茅の輪くぐりの神事も執り行います。
御神水湧き出づる水祥殿の神座に葦船をととのえ、古神道の伝承にしたがって、天地自然の力にまかせて海川辺に放ち、祓い清めます。
夏越の大祓は、6月30日午後4時より、執り行います。

なお、当日参列することができない方でも、かまいません。形代(かたしろ)に罪穢れを託していただき、贖(あがな)い料を添えて、神社まで郵送でお送りください。

夏越の大祓
夏越の大祓い
年越の大祓い