お知らせ

初詣 お正月三が日 ご祈祷などのご案内

Pocket

初詣

三が日の間は火祥神事だけ

三が日の間、ご祈祷ご祈願は、交通安全祈願を除き、すべて火祥神事でお取り次ぎさせていただきます。

身曾岐祓も執り行っておりません。4日からとなります。あしからずご了承ください。

[pc-mieru]

[/pc-mieru]
[sp-mieru]

[/sp-mieru]

人生の運びを妨げる

一切のものを祓い清め

運命開花へと導く

たいへん霊験あらたかなご神事です。

新年一番祈祷

新しい年を迎えて最初の火祥神事を新年一番祈祷と称し、1月1日の午前0時から執り行います。

火祥神事は、普段、2のつく日、すなわち、2日、12日、22日の午後2時から執り行っています。
つまり、昼間

しかし、新年一番祈祷は、真夜中。

昼間行われる火祥神事と、夜に行われる火祥神事は、雰囲気がまったく違います。

夜はとっても神秘的。

これは、参列してみないと絶対にわからないことです。

是非とも両方に参列して体験してください。

ただし、参列のできる夜間に行われる火祥神事、
実は、年間を通すと、新年最初の午前0時からのこの新年一番祈祷のみなのです。

一年の計は元旦にあり

「一年の計は元旦にあり」とは、言い古された言葉ですが、
今年一年をこうしよう!と元旦に決意して新しい年のスタートを切るのと切らないのとでは、
決意して臨む方が、それがものになる確率は圧倒的に高いです。今さら言うまでもないことです。

さらに、あなたが心のうちだけで決意して始めるのと、その決意を神さまに申し上げてから始めるのとでは、これも結果が異なります。

なぜなら、この世のあらゆることが実は神さまと人との共同作業になっているからです。

というわけで、

新年を迎えたら一番にご祈祷を受けるのがオススメです。

遠地のため、身曾岐神社への参拝が叶わない場合でも、大丈夫です。お取り次ぎさせていただいた後、ご祈祷札を郵送でお送り致します。

三が日昼間は?

三が日の昼間は、午前10時から、1時間毎に、火祥殿で新春火祥神事を行っています。

1日7回。

すなわち、午前10時、11時、12時(正午)、午後1時、2時、3時、4時。

毎時0分の開始をきちんと行うためにもあなたの協力が必要です。

お受けになる場合は、開始時刻の15分前に受付を締め切りますので、時間に余裕を持ってお越しください。

いつも駆け込みの方がおられ、本当に対応に苦慮しています。

くれぐれもどうぞよろしくお願い致します。

新年お正月のご祈祷のお申し込みは、こちらの 新年ご祈祷のお申し込みページ においても受け付けます。
新年のご祈祷を申し込む

祈願木って何?

実は、祈願木というものがあります。

祈願木は、お願い事を託す木片です。

火祥神事では、この祈願木を井桁に組んで、火を点じます。

[pc-mieru]

[/pc-mieru]
[sp-mieru]

[/sp-mieru]

祈願木自体は、当然、木なので、やがて燃えて尽きてしまいますが、あなたのお願い事は、清らかな火によって浄められ、そして、炎に乗って神さまの御元に届きます。

初穂料は、1本500円なので、気軽ですね。

火祥神事には参列するだけでも価値がありますが、是非、あなたのお願い事を祈願木に託して参列されたら、なおいっそうよいかと。

なぜなら、心の中でただ願っているのと、それを言葉にして書くというのとは、全然違いますから。「書く」ことは実にパワフルなんです。

実際にやってみたら分かります。
※実は、何でもそうです。

あっ、それと、祈願木には、お守り(肌身守りと呼んでいます)がついてきます。

身におつけになるか、お財布や鞄などに入れておかれるとよいです。

 

巫女舞は必見!

身曾岐神社の能楽殿は、日本随一との評価を受けています。

本当に素晴らしい。

能楽殿なので、本来は、お能。
ただし、お能は、夏――例大祭宵宮の八ヶ岳薪能。

お正月は、この日本随一の能楽殿能舞台で、巫女が浦安舞を奉演致します。

[pc-mieru]

[/pc-mieru]
[sp-mieru]

[/sp-mieru]

時間は、大晦日から元日の夜午前0時半すぎと三が日の昼間10時45分、12時45分、14時45分の3回、計10回。

年によって、情景が様々ですが、是非お楽しみにしてください。

あわせて読みたい記事

-お知らせ

© 2020 身曾岐神社