お知らせ

数に限りがあります!

Pocket

みそぎ味噌

日々の食の大切さについては、強調してもし過ぎることはありません。

初学修行座では、

「食べ物によって体ができ、食べ方によって運命が定まる。」

とお話させていただいています。

私たち日本人の食の基本は、

 「ごはん」と「みそ汁」

主食のお米が「ごはん」と言うのも面白いですね。

 

お米は、元、稲穂ですが、これは、天孫降臨の物語の中で、天照大神が

「吾(あ)が高天原に所御す(きこしめす)齋庭(ゆには)の穂(いなほ)を以て、
亦(また)吾(あ)が兒(みこ)に御(まか)せまつるべし」

とおっしゃったことに起源する訳です。

 

一方、みそ汁。具はいろいろあれど、やはり 決め手は、おみそです。

手元の書物から、味噌を紐解くと、

味噌は大豆、自然塩で作るペースト状の発酵大豆で、時には全粒穀物、調味料、海草を混ぜて作られます。
味噌には、さまざまな色と塩加減のものがあります。また味噌はナトリウムの補給源としてだけではなく、消化のよい蛋白源としても優れています。概して味噌には、消化を助け腸の調子を良くする活性酵素が豊富です。
自然発酵の上質の味噌は、多くの料理、特にスープに大切な材料です。そのうえ味噌は、豆料理、サラダ・ドレッシング、調味料にも使うことができます。
  --ミチオ・クシ著、『穀菜食のABC』より

修行座で、「みそ汁」はもちろん出しますが、

「あのみそ汁がおいしかったわ。」

と評判です。

 

山梨県は、海こそありませんが、

創業80年、手造りの味噌と醤油、老舗の「井筒屋醤油株式会社」さんがあります。

大豆は、山梨県産にこだわり、

神社で、原材料の

大豆、米、塩、麹、水

※水は、神社の御神水です。

を神前に奉り、お祓いをし、醸造の奉告祭を執り行い、時間をかけて造りました。

※食される方の 健康増進をあわせ御祈念 申し上げました。

 

昨年末に初めて、造りましたが、その時はあまりの評判にまたたく間になくなってしまいました。

今回は、2回めとなります。

出来ばえは、間違いないです。

 

「こころ」と「からだ」

「肉体」と「精神」

「目に見える世界」と「目に見えない世界」

どちらかだけの「みそぎ」なんてことはあり得ません。

あなたのみそぎに、「みそぎ味噌」が ひと役買います。

数に限りがあります! お早めにお申し込みください。

数に限りがあります。お急ぎください!

あわせて読みたい記事

None found

-お知らせ

© 2021 身曾岐神社