ならではの本物の「和」の結婚式をお探しのあなたへ

ふたりの大切な人生の第1ページを飾るにふさわしい
ここ身曾岐神社 能楽殿での挙式

身曾岐神社の能舞台、あなたはよくご存じですよね。

豊かな松の林の中、神池の上に鳳凰が降り立ち、
翼を広げて休んでいるようなたたずまい。

と姿・形の美しさを形容していますが、

この日本随一の能舞台で神前結婚式を挙げることができます。

映像はご覧いただけましたか?

 

 

新たな物語、今始まる

いかがでしたか?

あぁー いいなぁー

こんな結婚式してみたいですよね。

古式に則って行われる「夫婦結杯の儀」、
夫婦の神縁を指輪に証し終生共に歩むことを契る「契輪の儀」(上の映像には出ていません。あしからず。)、
天下泰平を祈る「浦安舞」など、
ほかに類のない数々の儀式。

身曾岐神社の能舞台での結婚式は、
本物の「和」のスタイルです。

おふたりが人生の大切な門出を迎えるにふさわしい舞台です。

身曾岐神社の能舞台での挙式は本当によかったなあ、と、
いつまでも心に残ることに間違いはありません。

大切なお友達にもきっとうらやましがられます。

お父様やお母様も大満足です。
ひょっとしたら、あなたの兄弟、姉妹も、私もここでやりたい、と思うことになるかもしれません。

大切なパートナーとこの舞台で
ふたりの人生の新たな門出を神様に奉告し、
これからの人生の弥栄え(いやさかえ)を祈念する。

神様は、終生お守りお導きくださいます。

あなたの人生の第1ページを、例えば、

「平成27年6月6日(土)身曾岐神社 能舞台で挙式」
※この日は、大安です。ジュン・ブライド。6月の花嫁。

と記しませんか?

 

身曾岐神社ならではの特別な儀式

式の中で執り行われる「夫婦結杯の儀」(めをと ゆいはい の ぎ)と「契輪の儀」(けいりん の ぎ)は、
身曾岐神社ならではの特別な儀式です。

夫婦結杯の儀

 
これは、一般に行われている「三三九度の杯」とは異なります。

齋主先導のもと古式に則り杯を交わして夫婦の縁をむすびます。

古くから伝わる歌があります。
歌と言っても、音楽ではなく、和歌のようなものです。
その歌を齋主が奉唱し、その後、新郎新婦が杯を酌み交わすのです。

これがとても素晴らしいんです。

とても印象に残る、日本に生まれて本当によかったなと思える儀式です。


夫婦結杯の儀

                結杯の儀_歌

契輪の儀

 
単に指輪を交換するのではなく、
夫婦となる縁を指輪に証し終生共に歩むことを契ります。

夫婦になるということは、
たまたまめぐり逢って、そして、好きになって、相思相愛となって、夫婦となるのではなく、
はじめから夫婦となる縁があるからこそ夫婦になるのです。
そこには、目には見えない何かがあるのです。

したがって、もたらされたその尊い縁を指輪に証し、
終生共に歩むことを約束するのです。


契輪の儀

                      結杯の儀_歌

約束は、神の御前での約束です。

わざわざこのように言うのは、
あなたとあなたのパートナー、ふたりで交わした約束、という以上に、
神さまもご覧になられ、お聞き届けになっていらっしゃるからです。

神さまのお働きは目には見えませんが、
神さまは、ずっとお守りくださることになるのです。

み柱を廻(めぐ)る

 
夫婦の道をさだめられたのは、
伊邪那岐(いざなぎ)・伊邪那美(いざなみ)両大神さまです。
天のみ柱を廻ってのち、御合(みあ)いし、國をうみ、神をおうみになりました。

これにならい、新郎・新婦は、みたてたみ柱を廻り逢ってのち、玉串を奉ります。


玉串奉奠

神さまは常に見守っておいでです。

むすべば、うまれる。

これが摂理です。

あとは約束を守って、導きのままに、みちを歩んで行きます。

約束とは、何か?

今より 私達は 一心同体
信じ合い 助け合って
心豊かな 明るい家庭を 築き
人の世の 誠の道を 実践することを
誓います
    ――新郎新婦が謹んで奉読する『誓書』より一節

これです。

 

神さまに導かれ、ご先祖さまに守られ、ふたりは出会いました。
そして、ついに、結婚し、夫婦(めをと)になります。

結婚式は、身曾岐神社!

きっと素晴らしい結婚式となるにちがいありません。

 

ご検討される方はこちらから

身曾岐神社での結婚式について紹介・案内する素敵なパンフレットがあります。
身曾岐神社での挙式を検討してみようと思われた方は、下記からご連絡ください。
確認の上、お送りさせていただきます。


挙式案内申し込み